犬のしつけ

愛犬のしつけマニュアル

犬のしつけ

犬の躾でやってはいけないこと

良いことをしたら、褒めてあげるというのはしつけの大原則です。叱る事は無ければ無い方がいいに決まっていますが、なにしろ誰のしつけも受けていない子犬だったりすると、当然ながら人間の世界のルールを知っている訳でもありませんし、時には私達人間にとって都合の悪い事をやる場合があります。
もちろん、人間の都合ではあるのですが、この世界で生活する以上覚えてもらった方がお互いにとって良いルールくらいは最低限理解してもらわなければいけません。

 

なので、場合によっては叱る事は必要になるのですが、やってはいけない事があります。
それは、叩く、蹴るなどの暴力です。人間同士でも同じ事かと思います。もちろん、ボクシングなどのスポーツで相手を殴ったり蹴ったりする事はあってもそれはお互い同意の上ですが、それ以外の場で殴ったり蹴ったりという事は体が傷つく事はもちろん、精神的にもダメージを受けます。

 

さらに、犬などの動物は人間同士以上に抵抗出来づらい間柄です。理由がどうであれ、そのような相手に対して攻撃を与えるのは卑怯以外のなんでもありません。
もちろんそこまでのつもりがなく、かるく「こつん」と叩いただけでも、それに対して返す手がない犬にとっては恐怖心は募ります。
たとえ、そのような事をする人が一人だとしても、「そのような事をする危険な手」と、「危害を加える恐れのない安全な手」を判断する事は非常に難しく、人間の手そのものに恐怖を抱いていくことがあります。

 

日常的に、危害を加えられている犬は、人の手が自分の前に伸びてくると極端におびえたり、威嚇をしたりします。
その犬に接触する人が、すべてその可能性を認識して接する訳でもなく、特に幼い子供などがなにも考えず手を近づけたりもします。

 

危害を加えてからでは、加えられた人も、犬自身も、そして飼い主であるあなたにとっても良い結果はもたらしません。
そのような悲しい状況にならない為にも、暴力という行動だけは絶対とるべきではありません。

人間だってそうですよね?自分に対して身の危険を感じた場合、それを回避する為になにか動いたり、場合によって攻撃する。

犬にとって「噛みつく」というのは人間にとってのそういう行動であり、自分に対して危害が及ぶと感じた時に、犬としての本能としてそのような行動が現れる事があります。

 

どちらも、生き物としては当然であり、身を守るには大切な行動ではあるのですが、人間の判断する「危険」とはまた違う部分があるため、人間的には「問題行動」とされるケースが多々あります。

未遂であったり、間接的にそれによって問題が解決した場合にはそれに限らないのですが、実際に誰かに怪我を負わせてしまったなどになると、それは人間社会の中では見逃せないトラブルとなりますし、そうなれば犬自身の生活を制約せざるをえなくなりますし、場合によってはその生活すらもままならなくなりますので、絶対にやらせてはいけません。

その前段階に「唸る」という行動を取ることがあり、そうなるといつ「噛む」に以降するかわからない段階ですので、そこでどうにか止める必要があります。

 

もっとも、冒頭に書いたとおり「自身の身を守る為にやっている」訳ですから、まずそれを理解してあげないと、根本的な解決には向かいません。

 

あと、感情表現の一つとして、じゃれ合いの一環として行われる「甘噛み」というものがあります。犬同士で生活していると、遊びの中でお互い噛み方の加減を覚えていくのですが、人間と生活する際に、そのような相手がいない場合にそのような勉強ができないまま成犬になり、その癖が残ってしまうという事があります。

なので、小さい頃から力の上下関係をはっきりさせておき、「噛んでも相手にしてもらえない」というのを認識させておく必要があります。

 

もちろん、その癖は悪気はありませんし、危害を与えるつもりもないのですが、小さい時は確かにかわいい癖なのですが、大きくなると相手に怪我を負わせてしまう事もあります。

 

この子の為にも、しっかりとその事を勉強してもらいましょう。

続きを読む≫ 2013/01/25 03:48:25

初めて犬がやってきたら、まずはしつけですね。もちろん最適な時期は子犬の時です。

子犬と言うと、まだお母さんが恋しくて、飼い主もついつい甘やかしたくなってしまうもの。しかしそういう時からしっかりしつけをしておけば、飼い主、子犬ともお互いに暮らしやすくなります

 

それだけに子犬をしつけるときには色々な工夫が必要ですね。一番重要になるポイントは、甘やかさないということ、しつけをするときに子犬だからできなくて当然と言う考えを捨てて、きちんとしつけてあげることが大切になります。

 

また、子犬に教えることで大切なことは飼い主との主従関係を教えることですね。例えば、おもちゃを犬と飼い主で取り合いをして飼い主が勝つとかして、誰がリーダーであるかをきちんと教えてあげることです。

 

犬のしつけ

続きを読む≫ 2013/01/25 02:09:25

犬のしつけ